EOS-5D

人生初めてのデジカメEOS-5Dを今年2月27日に購入し、そろそろ3ヶ月が経過するが、改めてカメラの技術の進歩に驚かされる。
※すでに最新EOSシリーズを使い続けている方には、「当たり前!」の話でしょうから、流しといて下さい。
デジカメいやデジイチを購入の際に EOS-1D MARK II中古 と EOS-5D とを天秤にかけ、インターネットで情報を収集し、“やはりデジ物は最新物”と思いつつ、“1D MARK II”の方がMOTOR SPORTSを撮るには向いているよな~とも思い、ある種妥協した思い出で“5D”を購入した。5Dはレリーズタイムラグ:78ms ブラックアウト:142ms。 今まで使い続けたEOS-1NHSからするとレリーズタイムラグはそうでもないが、ブラックアウトの時間は本当に長く感じている。それに、一番重要視しているレリーズの調整が出来ないことも気になった。

5Dをサーキット、そして、海岸に持ち出しての感想。AFの精度がすごい。
5D購入前までは、9年前に購入したEF300/F2.8 EF70-200/F2.8が私のエースレンズで、これにエクステンダー(EXT)×2 又は×1.4を装着して1Nで撮り続けてきたが、サーキットではAFなんて使えなく、全て置きピンでの撮影であった。
しかし、5Dに9年前に購入したこれらのレンズに ×EXT2を装着し、メインストレートを疾走してくる被写体にレンズを向けると、しっかりと被写体を捕らえてくれる。そして、レリーズしミラーアップして露光が終わるまで、動態予測でピントを合わせ続けているのである。
正直、5DでもEXT2をつけるとAF速度が遅くなり、MOTOR SPORTSでは1Nと同じ様に置きピン撮影と腹を括っていた。
a0040269_0595326.jpg

上の画像は、moto gp GP250。
メインストレートエンドにてフルブレーキングで1コーナーにアプローチする250CCマシンを1/30秒で撮影した物である。
正直、私はこの様な撮影は今持っている機材では出来ないと諦めていた。しかし、ちょっとピントは甘いが、ヘルメットに芯が残り躍動感ある仕上がりになった。全て、カメラの力で撮った写真である。
ほんとに、技術の進歩はすごいと思わされている。
5Dが発表された時には、“亀カメラ”みたいに評されたが、私にとってはとんでもないカメラである事を認識させられている。
ただし、AFばかりに頼っていると日の丸写真ばかりになり、絵図作りにならない。やはり、置きピンも必要である。
[PR]
by lin-kichiji | 2006-05-22 01:00 | CAMERA | Comments(4)
Commented by Capucci-mm at 2006-05-22 07:39
1-D2Nでも気合いの一枚は置きピンだそうですよ(^o^)
5Dも凄いんです、1-D系の電圧が無くてもここまでAF使えるんだから恐れ入ります(^^;)
Commented by lin-kichiji at 2006-05-23 00:19
電圧との関係は判りませんが、1Vが発表された時に、スローシャッターで同じような写真が雑誌に掲載されているのを見て、”スゲー!カメラの力技”と思った次第で。
こんな写真、最高級機と最新レンズを揃えない限り、撮れないだろうと思っていましたが、中級機5Dと旧式レンズ×EXT2、それと、下手な私でこれだけ撮れたのだから、やはりすごいと思いますよ! 
でも、結局 絵になっている写真は置きピンで撮った写真が大半ですね~
と言いつつ、1D2系は使ってみたいと思うので有りました。<私には勿体ないか!
Commented by hunau at 2006-05-24 00:46
個人的な意見ですが、カメラの性能はたぶん関係ないですよ。使う人のセンスが写真に深く刷り込まれて、見る人の気持ちに届くんだと思います。kichijiさんの写真は、そういう写真だとおもいます。
Commented by lin-kichiji at 2006-05-24 22:15
hunauさん。素直に有難うございます。
<< 車窓から あなたならどっち? >>