多重露光

昨日の”ナイスショット?”で多重露光の話がちょっと出てきましたので。
a0040269_2323224.jpg





まだ、フィルムで撮っていた時に、1本のフィルムでなるべく沢山のシャッターを切りたい!(貧乏性なもんで)そんな思いもあったし、流し撮りで多重露光するとどうなるのだろう? 実験的要素ありましたし。
上の写真は、1回目の露光をぼかして、二回目をきっちり流し撮る。
それで、立体的な絵を狙いました。

下のは、
同じチームの車を、同じ場所、同じシャッタースピードで流し撮る。
正直、これは惜しい一枚。本当は、二台ともしっかり撮りたかったのですが、本山選手がぼけてしまいました。<失敗作。
確かに、2回連続で疾走するFNカーをしっかり流し撮るのは至難の業で。
a0040269_23412769.jpg

 二枚とも:EOS-1N HS  EF300 f2.8*EX2   KODAK EBX 2003年9月21日  FN R-8 C.P.MINE
※ 2Lにプリントしたものをスキャンしました。 写真がぼけているのはご勘弁下さい。
[PR]
by lin-kichiji | 2006-07-11 23:42 | CAMERA | Comments(2)
Commented by Capucci-mm at 2006-07-12 08:30
む、難しそう(^^;)
これって別の周回を同じポイントで抑えるんですよね?
神業ッスよ(^_^;)
Commented by lin-kichiji at 2006-07-12 21:58
多重露光は、露光間ズームと同じ様に、センスが必要ですね。
パソコン上で画像を重ねる事は出来るでしょうが、撮影時に重ねる。これが、写真の醍醐味の一つかも知れません。
<< J-P.モントーヤ F1離脱 ナイスショット? >>