福岡QRセンター

久々のキャノンさんの福岡QRセンター

以前、ここに来たのは何年前だろう?10年前?
ちょっとした自慢話しになりますが、かつてキャノンレーシングフォトコンテストが開催されていた頃(今はキャノンフォトコンテストに統合されましたが)、数年応募し2度ほど入選した事が有りまして、ここのギャラリーに入選された皆様方の素晴らしい作品と共に飾ってある、マグレで入選した私の写真を見に来た時以来ですかね。
そんな、つまらない話しはどうでもいい事ですが。

カウンターに着き、すでにボロボロになっている5Dを差し出し、センサー清掃とレリーズカンターのチッェクをお願いして、担当の方の返答は1時間半くらいで出来ます。との事。

ちょっと思ったのですが、多分受け取った担当方は、えらく痛んだ5Dだし、変なレンズが付いてるし、レリーズボタンにも何か付いてるし。えらく変な5Dだな~なんて思われたかも?

約束の時間にカウンターに出向き、5Dは依頼したサービスが終わっていました。
センサー清掃もですが、ファインダー内のゴミも清掃されてて気持ちいいです。
レーリーズカウンターは20,010回 おぉ~思ったよりレリーズしているな~
5Dを購入して1年と1ヶ月。一日当たりのレリーズの回数を算出すると、なんと50.6回/日!
確かに、毎日と思えるくらいカメラを握っていると思いますが、1日50回ね~
ちょっと多いような。5Dのシャッター耐久回数は10万回。そう思えば、後4年は使える?
どうせ、新しいカメラなんて買えないのですから、もう少し大事に使わないといけないと思った次第でして。




カメラのサービスを待つのにロビーのモニターを見てたら、センサー清掃のキットの説明が放映されている。
おっ!有るのか?
カメラを受け取った際に聞いてみた。
センサー清掃キットが有りますか?と。
二つ返事で有ります。カンターの下から見本のセットが出てきて、一通り使い方を教えていただきました。

今は中国に居る事もあり、キャノンさんのサービスをすぐに受ける事が出来ない状況でして。平日に上海のキャノンサービスさんに行けばサービスを受ける事が出来るのですが。でも、そんな時間も無いし。
でも1年間、ブロアーでゴミを飛ばし続けた経験からすると大丈夫?なんても思ったりしたりして。
でも、大体のゴミであればこれで取れるのであれば、これは“買い?” なんて思案しながら説明を受けていたのですが。

お幾らでしょう? 5,040円。<以外と高!
でもね。市販では売ってないと言う事だし、サービスを受かられない環境に持ち込む事を考えれば”買い”かぁ~ 
で1セットお買い上げ~
と思ったら、「こちらをご一読の上ご承知頂いた後、こちらにサインを頂き後購入する事が出来ます。」って。
それは、キットの取り扱いに関する確認書。
直接、ユーザーがセンサーを触る作業がある為、メーカーとしての防御策とも思える確認書。
理解はできますがね。
で、サインをして購入。
下の写真が、クリーニングキット。
a0040269_2348535.jpg

正直、あんまり触れたくない部分ですので、どうしてもと言う時以外は使わないつもりです。
でも、ホントに上手く取れるのかな~ “スタンプは100g以上押さないで下さい。”なんて取り扱い説明もあるのですが、上手くできるかな~
とりあえず、面圧(g/cm2)を算出するか!そっちの方がピンと来る?
[PR]
by lin-kichiji | 2007-02-28 23:56 | CAMERA | Comments(2)
Commented by squawk_7x at 2007-03-01 00:52
こんにちは。日本に帰ってきて、色々飛び回っていたみたいですね。
お疲れ様です。
僕も何度かQRセンターでこのキットは触ってみましたが、やはりサービスを受けられる環境に住んでるなら、専門の人にやってもらった方が良いかなと思って買っていませんでした。
展示キットの横にはかりが置いてあって、100gの感触って・・・・っと思ってペタペタ押し当てて練習してみましたが、微妙ですね。
ブロアーも運が悪いとローパスフィルタとセンサー表面との間にゴミが入り込むことがあるそうで、そうなるとセンサーとローパスの分解清掃だそうで、保証期間なら無償だそうです。(QRセンターの人談)
私の20Dはそんな状態になってしまいましたが、保証期間外であまり目立たないと言うことでそのままです。
Commented by lin-kichiji at 2007-03-01 01:17
どうも、ご無沙汰しています。squawk_7xさん。

日本に帰って、泊まりには出かけてません。基本的に近場で済ませて、ホント毎日が昼まで寝てました。

確かに、このキット。怪しーいですよね。
気持ち半分このキットを買ったのは失敗だったかな~なんて。
だって、「センサーに触ります!」って公言した訳で、メーカー側の製造ミスによるトラブルがセンサーに発生した場合には、無償サービスは受けられない?訳ですかね。 もう一年経ってますのでそんな事は無いと思いますが。

しかし、ブロアーでローパスフィルター内にゴミが入るとは! ブロワーにも注意って事ですか!
やっぱり、メーカーサービスを受ける方が無難ですね。
上海でもサービスを受ける事が出来ると書いてますけど、中国でサービスを受けるのも、これまた怪しいと思っている私です。
<< 危ない武器 2月21日 -鉄- >>