はて?

a0040269_1285610.jpg

 
上のカメラは、いまだうちの嫁が使っているEOS-55。
(このカメラをケーシングに入れ、海に入ってウィンドサーフィンを撮ろうとして中古で買ったのですが、結局・・・)
うちの嫁はパソコンとか機械類はからっきしダメで、私が居ない間、このカメラで子供の写真をネガフィルムで撮っています。

hunauさんからの「写真」の定義?を考えていたら、はて?
確かに、人が見れるような状態を「写真」を呼ぶ。それがどんな媒体であろうと。
デジタル時代に入り、この定義が一番適切かと。

しかし、ネガで撮ろうが、ポジで撮ろうが、デジ撮ろうが、人に見ていただく以上、絵にしなければならない。
このブログに写真を貼り続ける以上、来て頂く方々にはちょこっとでも感動してもらいと思っています。
と言いつつ、私の写真は中国と言うロケーションに助けられている部分が大きいのですが。
[PR]
by lin-kichiji | 2007-04-12 01:49 | CAMERA | Comments(6)
Commented by hunau at 2007-04-12 05:10
「写真」「画像」「映像」などなど、呼び名はともあれ、カメラを操作してなにを求めているのか、誰かにとっては、記録なのかもしれません。でも、我々は記録+αを求め、作品を創作している人になりたいと願ってるのではないでしょうか。

ネットの普及により、世界中の人に作品を見てもらえる、嬉しい時代です。

確かに、ネットでの公開は、絶対的なモノではありません。
見る人が使用している機器など様々な環境が違うから、意図する形で見てもらえていないかもしれません。

私も写真の最終到達点はプリントだと思っていますが、最終到達点があるなら、途中があってもいいかなあ~とも、思います。
Commented by Capucci-mm at 2007-04-12 08:32
デジ、そしてネットの最大の弱点は、見る側のモニタが違うことですね^^;
これが統一出来れば良いんですが、これが一番難しい(-_-;)
Commented by lin-kichiji at 2007-04-12 23:16
hunauさん。
なんだかんだ言って、ネット上で自信の写真を公開しているのはこの私です。 ハハハハ!<以外と八方美人のとんでもない人間だったりして。

確かに、ネット公開のモノは絶対的なものではない。確かにそうなんですよ。
今ちょっと頭を抱えているのが、ウィンドサーフィンを撮った写真がそれとなくあり、ちゃんとした形で皆さんに見てもらいたい。そんな思いがちょっとばかし有りまして。 見てもらうとすれば、完結した形にしたい。でもねぇ~

ポジの時には、ライトボックス上にフィルムをルーペで覗いてたわけですが、その作業が今はディスプレイ上ですもんね。
デジタルの恩恵として、作者が許す範囲で公開出来れば、その途中を皆さんで楽しんでもいいのではないでしょうか。

今回のhunauさんとのやり取りで、「写真」と言う言葉が頭の中で整理が出来たみたいです。
Commented by lin-kichiji at 2007-04-12 23:26
カプチさん。
モニターのモニターキャブレーションソフトがやたら高かったりします。
もっと安くなればですね。
でなければ、各メーカーが統一規格を持ち、極端な色違いがないようにしてもらえば、かなり違うのですが。
でも、各ユーザーでモニターの使用目的が違いますからね。
テキスト主体だったり。CADだったり。画像だったり。
使用目的の規格化。いいアイデアだったりして。
Commented by norinoren at 2007-04-13 22:57
キャリブレーションに関しては、経験値が一番モノを言いますから、
実はめちゃめちゃアナログで、職人芸だったりしますよねぇ。
画面で見たのと印刷したので色が違う!ってのはデジタルで仕事する人の宿命ですね。
何で違うんだ!って人に何度説明したことか…
Commented by lin-kichiji at 2007-04-14 00:26
norinorenさん。
あちゃ!そうでしたね。norinorenさん所では、PCでイラストも書かれてましたから、この辺はお得意な分野なんですよね。
あんまりいい加減な事書けないですね。ポリポリ。

実は私、キャブのソフトを使ってないんですよ。なぜかって。
プリンタを持たないし、ここ中国で使うパソコンは、臨時的に組んだパソコンと割り切ってますから。
でも、このパソコンでjpegに現像したDATA をお店で手を加えずにプリントしても変な色では出てこなかったから、当りじゃないけどそんな外れでもないのでしょう。

今度私にも、説明お願いします!
<< 嫌いな所。銀行。 路上 >>