触ってきました!

上海に出かけたからには、必ず立ち寄るカメラ機材ビル。
ビルの前で何かのイベントがと思ったら、「佳能月」=「キャノン月間」らしく、先月末に発売になったEOS-1D markⅢ。それとEOS-5D、EOS-30Dのデモ機がおいてありまして、自由に触る事が出来ました。
おじさん達も、EOSのカタログを眉間に皺を寄せながら、穴が開くんじゃないかと言うくらい睨んでいます!
a0040269_0125167.jpg




どれどれと思いながら私もmarkⅢを貸してもらって。
実はデジタルになってから、1D系のカメラをじっくりと触る事が無くて、今回初めて自由にシャッターを切った様な気がします。

受け取って、あぁ~やっぱり1Dだな~としみじみ思いながら、サァーとモニターで設定内容を確認して。メニューは縦スクロールじゃなく、横並びのアイコンをスクロールするんだと思いながら。
ちなみにランゲージが中国語の簡体字になってたのを、日本語に変えて確認しました。
さて撮ってみるかと。
モード設定は今までの1系の流れを汲んでいて、ISO、ドライブ、色温度設定などは、5Dと同じボタン設定で。ほとんど違和感無く扱えました。

で、なにを撮ったか?タクシー。走るタクシーを1/20秒で流し撮り。レンズは、EF28-70/f2.8だったかな?
5Dと同じ感覚でレリーズボタンを押したら、バシャ!バシャ!バシャ!3枚も連写しあがった!もうビックリ。
5Dだったら、バッシャン。バッシャン。良くて2枚ぐらいの連射だけど。油断したら、シャッターが暴走しそう~<笑
レリーズの感触もいいし、レリーズボタンを押してから、シャッターが切れるまでのレスポンスがいい事!
で、連写一枚目の写真がバッチリ撮れてましたねぇ~ さすが!markⅢ!
でも、ものすごく簡単に撮れてしまって妙にがっかり。
何か、機械がどんどん進化して、撮る人の感性に頼っていた部分も機械が制御してしまって、撮ってみて面白くないですね。たった2回しかレリーズボタンを押していませんが。撮れる事自体はそれでいい事ですよ。でもね・・・
カメラを操る楽しさ。一回のシャッターを切る楽しさ。何かそんなモノが感じられなかった様な・・・ ある程度この性能を予測していたからかな~

で、私が欲しいと思ったか?
さすがに思いませんでした。だって、こんな高性能のカメラを持ったとしても、撮る被写体が無い。猫に小判。宝の持ち腐れ。状態です。
今持っている5Dで、自分が趣味で撮る被写体は十分とはいいませんが撮れていますので、必要とはしませんね。
もし、私が写真で対価を得られる様になれば必要とするかも知れませんが。<一生無いと思いますが。
何よりも、こんなカメラを買いたいと家の嫁に言ったらブツブツブツブツ!<これが一番怖い!!!
[PR]
by lin-kichiji | 2007-06-11 21:06 | CAMERA | Comments(2)
Commented by hunau at 2007-06-12 19:52
1D系・・・・・私はサーキットから帰って来たら、カバンの中にそのままです。次のサーキット行きまで、1D系はカバンから出ることはほとんどありません、バッテリーを充電するために取り出すくらいです。1Dは、サーキットで使うカメラという感覚に偏りつつあります。

5Dは、いつもそのへんに転がっています。
私は基本的にカメラは、しまわない、片付けない人のようで、そのへんにつねに放置されています。そうしないと、撮りたいときに撮れないので・・・

娘のオリンパスのE410もいつも机の上にほったらかしです。
こんなところは・・・見習わなくてもいいのに???
Commented by lin-kichiji at 2007-06-12 23:02
hunauさん。
1D系はやっぱりプロ機。色んなカテゴリーのプロに方が自分の好みにセットアップして。それを、普通に使おうとなると、やっぱり難しいのかも知れません。

そうなると、手に収まって、一枚一枚を楽しむカメラが欲しくなりますねぇ~ 私も欲しい!
でもね。内心、markⅡの中古機を探してみたりして。
なぜかって?海で使ってみたい!<と云うことです。
なんだかんだ言いながら、下心はあるわけですよ!へェへェへェ!

>撮りたいときに撮れないので・・・
hunauさんの場合に、人間の三大欲に加え写欲?恐れ要ります。
>机の上にほったらかし~ 
違うでしょう~。 それは、hunauさんが使いたいからでしょ!
<< 色眼鏡の奥からは・・・ 気分を換えて >>