本物でした!

先般、CFの購入を記事にしましたが、日本の関連サイトを見ても、しっかりとした企業のCFがこんなに安いのは無く、ちょっと心配に。
KINGSTON製のメモリ、メディアが本物かどうかを確かめる事が出来るページが、KINGSTONのホームページ内にあるのです。
そこから入るとこんな画面が出てきて、
a0040269_23484115.jpg

必要事項を入力すると、
a0040269_2353276.jpg

入力したメールアドレスに本物か偽物かの診断メールが届くのです。
当然!本物でした!
安心。安心。

しかし、企業の方も大変ですよね。
はびこる偽物対策として、一つ一つの製品管理を徹底的にやって行かないと、自己製品を守れない。
逆に言うと、それだけ偽物が強烈にはびこっているのでしょうね。
用心。用心。
[PR]
by lin-kichiji | 2007-12-16 00:01 | CAMERA | Comments(2)
Commented by hunau at 2007-12-17 02:01
へええええっ、そういうシステムまであるんですね。
んんんっ、いまやそういう時代なんですね。
しかし、ユーザーとしては、安心材料になりますよね、やっぱり。
Commented by lin-kichiji at 2007-12-17 22:23
hunauさん。
あるんですよ!
実はこっちでパソコン組んだでしょ。で、メモリーはKINGSTON製を乗っけたんですけど、そのときに同僚からKINGSTONのHPで本物か偽物か確認できるって。
今回も、KINGSTONと言う企業名と安さで手が出てしまったんですが。

こうやって、企業努力していただくと、こっちも安心感が出ます。
特に海外に居ると、何かと騙しの場面に出くわしますからね。
頼りになる名があると非常に助かります。
<< 無錫站 続。無錫の夜景 >>