F1SCENE 2013 YEAR BOOK

サブタイトルで『絶対王者』と銘打たれた写真集。

先週。私のもとに届きました。

F1SCENE 発刊10年。 そして31冊目になる今回の2013 YEAR BOOK 『絶対王者』。

この写真集を見て、製作に携わった方々が一枚一枚の写真に妥協をしていない事を十分に感じられます。
全力の一枚一枚が144ページに凝縮されています。

a0040269_22495497.jpg


デジタル化が進んだ現在。
誰でもモニター越しに写真を楽しめる時代。それはそれでいい事かも知れません。
でも、私自信も長く写真を撮り続けてて来た者としては、あまりにも『写真?』『画像?』が氾濫し過ぎて、私自身が撮る写真もそれに埋もれてしまい、正直、写真を撮る事に意味が無いのでは?そんな疑問を抱き始めていました。(埋もれる様な写真しか撮れていませんが。)

手元に届いたこの写真集。ちゃんと紙の写真です。モニター越しに見るものではありません。
パソコンやタブレットが無くても、ちゃんとした光があれば、じっくりと何度でも見る事が出来ます。
写真を撮る事に疑問を覚えていた私に、『撮れるものなら撮ってみろ!』と言わんばかりに、強烈な刺激を与えてくれています。

私がこうして堂々とモニター越しですが、写真を見せれるようになったのも、8年前にF1SCENEに出会ってからだと思っています。
今回の写真集。最初に見終わった後『有難うございます。』と独り言でした。
[PR]
by lin-kichiji | 2014-05-03 22:52 | MOTOR SPORTS | Comments(0)
<< 相方とドライブ。 ST600 Rd.1 >>