上海総領事館だより

何時の頃からか、上海総領事館から“上海総領事館だより”なるものが届き始めました。
これって、自分の宛名で届くのです。最初もらった時には、「えっ!?何か悪い事した?」なんて自問自答しながら封を開けていました。
a0040269_0173131.jpg





今回届いた便りは、上海総領事館管轄下(1市3省:上海市、安徽省、浙江省、江蘇省)5万人もの日本人が居住していると書いてある。すごいですね。
で、これに比例して日本人の保護も年々増えていると書いてあります。2005年のDATAでは平均2.5人/日の日本人が保護されているそうで。何して保護されているのか?(大体予想は付くのですが)
と言いつつ、私もカメラを持って色んな物を撮っていたら、時々公安職員(警察)が通りかかったりして、ヒヤッとする事もあります。あんまり人事ではないのかな?
(最初に中国に来た時には、外でカメラを出す勇気が有りませんでした。まだ軍服を着た兵隊がいたし、そんな事したらスパイと間違えられそうだったし。当時はホント、ピリピリしていました。)

それと、加害者になる日本人もいると書いてある。
そうなった場合には、逮捕されずいきなり拘留される模様ですね。
携帯電話も取り上げられ、一切の外部との接触は絶たれるとの事。その間に容疑が固められ逮捕となるらしい。
その後、起訴、公判、と続き、有罪となれば、監獄行き。これらの工程が1~3ヶ月で行われるらしい。
とにかく自分の行動については、あらぬ疑いを掛けられぬ様用心しなければならないですね。 妙に改めて思ってしまいました。

もう一つ。重要な情報が書かれていました。
鳥インフルエンサ!
インフルエンザは数年から数十年の間で、突然変異により人に感染するウィルス・新型インフルエンザになるらしい。よって、人類のほとんどが突然変異の新型インフルエンザに対し抗体を持ち合わせない。
よって、過去に流行したスペイン風邪、アジア風邪、香港風邪は、突然変異の新型インフルエンザであり、人類は抗体を持ち合わせない為に、大流行を起こしたとの事。
で、この鳥インフルエンザが突然変異を起こし、世界的な大流行を起こす新型インフルエンザになりかねない。その発生は今年の冬ではないか?そんな緊迫した情報が載っています。
記事を写真に撮りましたのでご一読のほど。↓ クリックすると大きくなります。
a0040269_0181689.jpg

[PR]
by lin-kichiji | 2006-11-24 00:26 | 中国 | Comments(2)
Commented by Capucci-mm at 2006-11-24 08:15
鳥インフルエンザ・・・最初から予防接種しようかなぁ?(^^;)汗
Commented by lin-kichiji at 2006-11-24 22:03
この記事読んで、ちょっと怖くなりました。
予防接種?予防になればいいのですが。
<< 気分を変えて マジな話で。 >>