2007年 08月 06日 ( 1 )

ドォン!

いや、宿舎が揺れるんです。 寝てたらね『ドォン!』と聞こえたら数秒後に『ユラ』って建物が揺れるんです。
そういえば、隣の工事現場でデカイ重りを落としてたなぁ~ 数日で終わるやろう。なんて思っていたんですがね。

隣の工事現場は、長江の砂で埋め立てられて工業用地となった訳です。
でも、この長江の砂って奴が曲者で、いくら上から押そうが何しようが固まる事は先ずない。
どうせやるなら、地盤改良しない限りこの砂を固める事は出来ないでしょう。
a0040269_21551859.jpg
a0040269_2156155.jpg
a0040269_21564692.jpg


しかし、そんな事を知ってか知らずか、推定3Tonの重りをクレーン車で高く吊り上げ、上から落としよる。そりゃいくらか地盤が沈んで落ち着くだろうけど、広い敷地を数台のクレーン車で重りを落としても、あんまり意味が無いんじゃないの??? 
単なるエネルギーの無駄遣い!!!!!

それよりも何よりも心配なのが我々の宿舎。
この宿舎の図面・建設当時を知る一人ですが、当然耐震構造ではありません。設計者がインチキした図面じゃないです。中国の建築基準では耐震を考慮しません。
もうかれこれ一ヶ月。『ドォン!』『ユラ』が続いています。
柱と梁は頼りない鉄筋コンクリート構造。壁はレンガ積み。施工技術なんていい加減。
最近の猛暑で作業は深夜に行われています。
どうしよう。崩壊したら。
夜中ベットが揺れるたびに、眠れなくなってきています。
[PR]
by lin-kichiji | 2007-08-06 22:00 | 中国 | Comments(6)